大阪府茨木市、最古のたこ焼き屋「福原商店」。大阪に行くなら絶対に食べなアカン店

大阪府茨木市、最古のたこ焼き屋「福原商店」。大阪に行くなら絶対に食べなアカン店

【店名】
福原商店

【所在地】
大阪府茨木市

【性別】女性
【年齢】
33歳
【職業】
自営業


【お店を知ったきっかけ】
アルバイト先の同僚に「本場のたこ焼きが食べたい」(私は他県住まい)と言ったら、嬉しそうな顔で教えてくれたお店です。

【誰と行ったか】
アルバイト先の同僚と




【お店の雰囲気】
阪急本通商店街という茨木市の中では大きい商店街の脇道にある店です。
昭和レトロなただ住まいで、店外も店内も昭和グッズで溢れているんじゃないかと思うくらいの店構えです。
イートイン可能で、テーブル席が2つほどとカウンターっぽい場所に2人分の椅子があるくらいの、こじんまりとした店です。
支払いは現金払いのみです。

【注文したもの】
普通のソース味で、青のり、かつおぶし




【感想】
すごくシンプルなたこ焼きで「さすが本場っ」と感動しました。
生地が薄く外はパリッと中はトロッと、味は出汁がよくきいていて、ソースは普通のソース味で、青のり、かつおぶしとマヨネーズが選べるというシンプルさです。
なにせメニューがたこ焼きと書いてある下に個数が書いてあるだけ。
私は普通のソース味で、青のり、かつおぶしにして(マヨネーズは苦手)食べましたが、ソースとの相性が抜群で水を飲んでも旨味が増すくらい、旨味が凝縮された食べ物でした。
ちょっと「たこ焼き」と同じ括りで言っていいのか、他のたこ焼きとは別次元の食べ物だとすら思いました。
サイズは一口で食べられるように小さめな分、あっつあつで口の中を火傷する覚悟で食べて欲しいですね。




【他のメニューやトッピングなど】
他のメニューは、回転焼き(白・黒)・おぜんざい(冬)・かき氷(夏)というシンプルさで、飲み物もサイダー・オレンジジュース他という駄菓子屋さんのようなチョイスです。
卓上には何もなくて、入店直後に水が入ったコップと追加分をもらいました。




【エピソード】
私が行った時間は丁度人が減る頃だったので、すぐに入店できました。
焼き上がるのを待っている間も、テイクアウト希望の客がたくさんきて「10個3つな」という声が聞こえてきて、いかに日常的な場所かが伺えました。
早速焼き上がったたこ焼きをパクッと食べて後悔。
熱すぎて「ん」とも「うぅ」と言えない。
しかも旨味がじゅわっと次から次へと出てくるから手放したくない。




【知人の評判】
紹介してくれたアルバイト先の同僚は「地元人はここでみんな育つんやで」としみじみと言って、パクッとたこ焼き(熱)を食べて涼しい顔して黄昏ていましたが、熱すぎて涙が溜まってるのは言わない方がいいのか、ツッコミを入れたほうがいいのかどっちだったのでしょうか。




【他との比較】
断然、たこ焼きそのもの(生地)が違いますし、真似するのは難しいと思います。
冷凍のたこ焼きは、お好み焼きを丸めただけのようなところがあるので論外ですし、他店は焼くというより揚げているというのが正しい言葉だと思います。
それらに比べてこの品物は正真正銘の「焼く」です。
外国の人に「たこ焼きが食べたい」と言われたら絶対にすすめるべきです。




【価格と満足度】
10個入りで300円程度だったハズなので高くない、むしろ安いけど良いの?と聞きたいくらいです。
他店では作れない価値を考えると尚更ですね。




【期待すること】
今時の小洒落た感じもピッカピッカの最新の建物でもないので、変えたら?という人はいると思いますが、お店も味の一部として考えたら絶対に変えないで欲しいですね。
扉もドアさえもない、暖簾が外と中を隔てる唯一のものという感覚は最近ではなくなってきた感覚のひとつであり、無形文化財と言っても過言ではないと思います。



「まず、たこ焼き好きには間違いなく言いふらします。
観光客や外国人で「たこ焼きが食べたい」と私に聞いてきたら間違いなく連れて行きます。
それくらい貴重な体験でした。」
ということを最初に述べます。
そして店構えやたこ焼きの焼けるまでの待ち時間の過ごし方を訥々と話します。
ここで暗示をかけて友人が「私も行きたい!」と言ったら私も便乗します。