大阪市中央区「元祖味穂」。タコ焼きと言う名前では語り尽くせない豊潤な味わいが詰まった一品。食べても食べてもまた食べたくなる、これぞ大阪グルメと言える存在です。

大阪市中央区「元祖味穂」。タコ焼きと言う名前では語り尽くせない豊潤な味わいが詰まった一品。食べても食べてもまた食べたくなる、これぞ大阪グルメと言える存在です。

【店名】
元祖 味穂 (がんそ あじほ)
【所在地】
大阪府 大阪市中央区

【性別】男性
【年齢】45歳
【職業】介護職


【お店を知ったきっかけ】
大阪旅行へ行った時に美味しいたこ焼きが食べたいと友人にお願いしたところ連れて行ってくれたお店。
夜遅くまでやっているので遊んだ帰りに行きました。

【誰と行ったか】
地元の友人と2人で行きました。




【お店の雰囲気】
大阪心斎橋のアメリカ村の近くにあるお店で、周辺は若者が多いですし飲食店も多いです。
見せの仲はカウンター席とテーブル席があり、30人程度は入れると思います。
夜遅くはサラリーマンや学生が多くとても賑やかです。
外は持ち帰りのたこ焼きも販売しております。
小さな居酒屋的な雰囲気です。
お酒を飲むお客さんが多いので家族連れはほとんどみかけませんでした。
店員の女性がまるで母親のようにフレンドリーに接客してくれます。

【注文したもの】
出汁で食べるたこ焼きしかないのですが、それが絶品です。




【感想】
友人に連れて行ったもらったお店。
店に入る時は居酒屋の雰囲気だったのでここで美味しいたこ焼きが食べれるのか不思議に思っていました。
席につくと中年の女性の店員さんが、フレンドリーに注文を聞いてくれますが、とりあえずたこ焼きを注文。
そして15分くらいで出て来たたこ焼きは丸いお皿に5個乗っていて見た目はシンプル。
タコ焼きのイメージはピンポン玉のようにまん丸で外はこんがり焼けているイメージ。
しかし出て来たのは見るからに柔らかそうなたこ焼き、焼き色もとても薄く、それを出汁に付けて食べるというもの。
箸で持つと確かに柔らかく想像とは違う。
まずは出汁につけず一口食べてみて驚きました。
口の中にトロッと広がる食感。
まるで中華のあんかけが中に入っているよう。
皮はや柔らかいのですがしっかり味が付いておりもちもち。
東京の人に説明するならもんじゃ焼きを丸く焼いたものというと分かり易いかもしれません。
粉っぽさはなくとにかく口にたこ焼きの色々な具の味が広がります。
タコは小さめですが、タコが不要なくらい生地が美味しい。
次は出汁に付けて食べると一気に雰囲気が変わります。
それまではしっかりした味わいだったのに出汁でまろやかな味わいになり、上品な雰囲気に。
確かにこのたこ焼きにはソースは似合いません。
そのままでも十分に美味しいいのです。




【他のメニューやトッピングなど】
そこのメニューはたこ焼きとおでんと焼きそばとお酒のみ。
タコ焼きと一緒におでんを頼んだのですが、さすが出汁文化の強い大阪。
薄味なのですが出汁の味が効いています。
お店に初めて来たというとサービスでおでんの牛すじをサービスしてくれました。
タコ焼きもおでんも美味しかったので焼きそばも美味しいだろうと思いましたが、既にお腹いっぱいで諦めました。




【エピソード】
正直たこ焼きの概念が変わってしまいました。
友達をお店を出て別れ私はホテルに戻り就寝。
翌日は1日観光の予定で色々大阪観光をしたのですが、どうしてもあのたこ焼きの味が忘れられません。
観光の終わりに再度お店にたちよりたこ焼きを注文。
やっぱり美味しい。
こんなに小さいのにどうしてここまで満たされるのか不思議です。
夕食は別のお店で食べる事にしていたのですが、それは取りやめて持ち帰りのたこ焼きを買ってホテルに戻り食べました。
冷めても十分美味しいのです。
その後も何度も大阪に遊びに行きましたが、ほとんど毎回食べています。




【知人の評判】
一緒ん言食べに行った友達は奥さんとお子さんと3人暮らし。
もちろんたこ焼きもお好み焼きも東京の人とは比べ物にならないくらい食べています。
しかしそんな環境の中でお子さんが一番好きなたこ焼き屋がそこなのです。
確かに持ち帰り脚も非常に多いので多くの年代に愛されているのが分かります。




【他との比較】
他のたこ焼きはソースや青のりの風味が強く感じられると思いますが、ここのたこ焼きはたこ焼き自身にしっかり味がついています。
またサイズはそれほど大きくないのですが皮がもっちりなので食べ応えもしっかりあります。
出汁で食べると多くの人がイメージするたこ焼きとは違い少し高級な印象があります。
焼き方も焦げ色が付かないギリギリのところで焼いているので生地の美味しさが生まれるのだと思います。




【価格と満足度】
5個で300円なので一般的なたこ焼きと比べると少し高い印象を受けると思いますが1個の満足度が高いので十分コスパは良いと思います。




【期待すること】
私はお酒が飲めないのですが、店内はお酒を飲む人がほとんどなのでかなり賑やかです。
ゆっくり味わうというようなお店ではないので騒がしいのが苦手な人にはちょっと辛いかも知れません。
もう少しファミリー層向けの店舗もあっても良いかと思います。
しかし大阪という土地柄なかなか難しいのでしょう。
希望があるとすれば末永く続いて欲しいという事です。



たこ焼きが好きな友人になら「たこ焼きじゃないたこ焼き」と説明します。
今まで慣れ親しんだたこ焼きとは全然違うので。
なんなら商品名自体「たこ焼き」というのも疑問に思ってしまう。
「出汁焼き」という名前の方がぴったりです。
ずっと口に入れておきたい味なのです。
美味しいから次から次へと食べたいのに口から無くなるのが寂しくなるほど美味しいです。

元祖 味穂 (がんそ あじほ)
大阪府 大阪市中央区
男性・45歳・介護職
大阪市中央区「元祖味穂」。タコ焼きと言う名前では語り尽くせない豊潤な味わいが詰まった一品。食べても食べてもまた食べたくなる、これぞ大阪グルメと言える存在です。