長岡市「楊美(ようび)」のたこ焼きは小ぶりながらふわとろで美味。店の雰囲気もノスタルジックで最高。

長岡市「楊美(ようび)」のたこ焼きは小ぶりながらふわとろで美味。店の雰囲気もノスタルジックで最高。

【店名】
楊美(ようび)

【所在地】
新潟県長岡市

【性別】男性
【年齢】
33歳
【職業】
会社員


【お店を知ったきっかけ】
営業で長岡に訪れた際にたまたま見つけました。
食べログなどのポータルには未掲載みたいなので本当にたま立っ見つけました。

【誰と行ったか】
一人でいきました。




【お店の雰囲気】
個人の家の軒先にある持ち帰り専門の店です。
学校帰りの学生さん向けのようです。
 少し裏とりに入った通学路(おそらく)にある昔ながらの店舗です。
イートインスペースは一応ベンチが一台おいてありましたが、客の数は多いにもかかわらず着席していたのは誰もいませんでした。
鉄板は年季が入っている物が見えましたが逆に老舗感が出ていていい雰囲気です。

【注文したもの】
ソース マヨネーズ 鰹節 青のりのシンプルなたこ焼きで、一種類しか売っていませんでした。




【感想】
小ぶりなのですがふわとろっとした食感で口の中に入れた瞬間のジューシーさが初めてで感動しました。
決して奇をてらった味付けでないのになにか癖になるといいますか8個入りをペロッと平らげてしまいました。
夕方だったので学生さんがひっきりなしに購入してそのまま食べ歩き(行儀が良いかは別として)をしていました。
なるほどたしかにどっしりと腰を据えてしょくするというよりかはちょっと小腹がすいたときに食べたくなるサイズでうまく考えがれているなぁと関心をしたのを覚えています。
私は、宿泊での出張でしたので翌日も迷わずに購入しに行ったくらいふわとろ小ぶりのたこ焼きに魅了されてしまいました。
ただ、タコの大きさについては記憶にないのでもしかしたらすごく小ぶりだったのかもしれません。
タコの大きさが気にならないくらい生地と焼き加減が絶妙なあのたこ焼きはぜひまた近くを通るときは購入したいと思わせてくれる一品でした。




【他のメニューやトッピングなど】
たこやきの一種類しか取り扱いメニューがありませんでしたので、ほかのメニューの注文は行うことはできない形態でした。
ドリンクは併設で激安自販機が置いておるだけでしたのでドリンクも特に取り扱ってはいませんでした。




【エピソード】
学生さんに非常に人気みたいで店主と学生との会話が印象的でした。
たこ焼き6個入りくださいとかではなく、学生さんは店主さんへ「ください」しか言わないのに何個入りの注文かを店主さんが把握しているようでした。
さながら「マスターいつものちょうだい」と注文をするような感じで地元に愛されているのだなぁとなぜかほっこりしたのを覚えています。




【知人の評判】
出張先での立ち寄った店でしたので友人知人へはこの店の話はしたことがありません。
学生さんの評判なら見ている限り非常に好評なんだろうなというのが人気ぶりから伺えましたの評価としては私の友人だったとしても高評価なのではないかと思います。




【他との比較】
銀だこのようにカリッとした食感とは真逆のふわっとした食感ですが、冷凍品のように回答した場合にしなっとなるようなこともなくかつなかがジューシーな点が冷凍との大きな違いだと思います。
どうしてもこぶりなたこ焼きは屋台みたいなところもしくは冷凍品となるのでクオリテォーは低いものですがふわとろのちょっと小腹がすいたときにサイズというのが唯一無二のクオリテォーで食せるところが得料です。




【価格と満足度】
6個入り200円 8個入り240円 12個入り320円 非常に安くてコスパは最強だと思いますし満足度も非常に高いです。




【期待すること】
ドリンクは併設の激安自販機があるのですが、アルコールは販売していませんでした。
メインターゲットは学生だと思いますので需要がどの程度あるのか不明ではありますがやはりビールなどのアルコールを販売してほしいなと思います。
紙コップのビールとかも逆に缶よりも雰囲気があっていいと思いますので色々とドリンクを充実させてほしいと思います。



一番はコストパフォーマンスの良さだと思います。
また、やすかろうまずかろうの逆を行く感じのあの触感を推したいです。
軒先スタイルの店舗雰囲気も相まってノスタルジックな雰囲気に浸れながらのシンプルかつすごく美味しいたこ焼きを賞味できるというということが私が具体的に推したい点であり、雰囲気込みで最高で絵あるという点を力説して布教したいです。