長野県塩尻市の「焼きたて屋」のタコ焼き。ふわふわ生地とコリコリしたタコが調和してとてもおいしい

長野県塩尻市の「焼きたて屋」のタコ焼き。ふわふわ生地とコリコリしたタコが調和してとてもおいしい

【店名】
焼きたて屋

【所在地】
長野県塩尻市

【性別】男性
【年齢】
31歳
【職業】
会社員


【お店を知ったきっかけ】
普段行くホームセンターの駐車場に20年ほど前から屋台形式で設置されている。
昔から買い物ついでに寄っている。

【誰と行ったか】
家族のだれか




【お店の雰囲気】
駐車場はホームセンターと共同です。
外観は屋台で、店内での飲食はできません。
定員はたんたんとたこ焼きを焼いて、パックに詰めて会計をして渡してくれます。
ホームセンターで買い物する前に注文して買い物が終わってから受け取る人がいたりするので、基本的に行列にはなりません。
客層はホームセンターと一連托生で買い物客です。

【注文したもの】
普通のソース、マヨネーズ、かつお節




【感想】
買い物帰りに買って帰宅したから自宅で食べるのですが、車の中で漂うソースのにおいが食欲を誘います。
パックを開けると、6個入り、10個入り共にぎっしり詰まっています。
一つ一つの粒が大きいのですが、生地が柔らかくとろとろしているため、生焼けのように感じてしまうかもしれませんが、中まで熱々で熱がしっかり通っています。
生地のとろみにマヨネーズのとろみや濃厚さがあい生地の味はまろやかです。
昔は生地の中にマヨネーズが入っているタイプのものもあり絶品でしたが、手間がかかるのか最近は無くなってしまいました。
主役のタコもコリコリした触感が残る大粒のものが入っており、食べ応えがあります。
1口で食べるとやけどするので注意が必要です。




【他のメニューやトッピングなど】
たこ焼きと一緒にたい焼きを販売していて、両方とも購入することがあります。
たい焼きの中身はあんこ以外にも変わった味があります。
甘くないものもあり、カマンベールチーズ味は塩味が効いておりとてもおいしいです。




【エピソード】
昔は4人家族で10個入のタコ焼きを仲良く分けて食べていました。
大きくてこってりしているので子供が間食で食べるには2.5個で十分すぎる量で、今思うと家族団らんの風景の一つです。
最近では実家に帰る際にお土産として買っていくと、60歳を超えて油ものをあまり食べなくなった両親もおいしそうに食べておりどの年代でも好む食品だと思います。




【知人の評判】
友達の家に行ったときに家族の方がたまたま買って帰ってきてくれてごちそうしてもらいました。
自分で買いに行くにも車で気軽に買いに行くことができてよいと言っている人もいて、ここの店のシステムや味が好きな人は身近にもいます。




【他との比較】
他のたこ焼き屋や冷凍のものに比べたら、食感が全く違います。
自宅に普通に焼いたらタコも生地も同じように硬くなるように思いますが、この店のものはふわふわとろとろした生地とコリコリしたタコのバランスが非常にいいと思います。
この特徴があるので、余計な味付けが不要で、王道のソースとマヨネーズの味付けだけで十分売れているのだと思います。




【価格と満足度】
10個入でも500円ほどです。
大きさも普通のタコ焼き屋に比べて大きいのでコスパは良いかと思い、大変満足です。




【期待すること】
ソースとマヨネーズだけのシンプルな味付けを続けつつほんの少しのアレンジをしていってほしい。
できればたこ焼きの生地の中にマヨネーズを入れたタコマヨを復活させてほしい。
駐車場が広いスーパーやホームセンターは県内各地にたくさんあるので、今の店舗形式をうまく利用していろんなところに出店して気軽に買いに行けるようにしてほしい。



県外でこのお店を見たことがなく、県内でも駅近に店舗がないので、東京から来た友人には車社会の良さの一つとしておすすめしたです。
有名なたこ焼きチェーン店に比べて柔らかく大きいことを全面的にアピールしつつ、シンプルな味つけであるものの、味がしっかりしみ込んでいて食べ応えがあるという面で食べたことがない人にはお勧めしたいです。